OZUの謡 uta 童謡・唱歌・民謡 Copyright(c)2010 ozuyasu 本文へジャンプ

桐生スバル座←クリック)で座長が独り〜歌う・・替えuta謡 !

    過去に公開した謡の一覧( 01〜40, 41〜?? )←クリック

  前回公開した謡をクリック→ 看護婦さんの歌 

       隣のベッドで苦しむ人は オペ室帰りのお爺さん
          お腹にストマの小袋下げて、〜〜〜


 H23/09/21  Utatteru #36 

      
 「原発カカシの歌」  

  アブクマ山越え ゲンゲン原発カカシ
    電気も来ぬのに 意地張り合って
  福島・南郷・栃木と結び
    東京に尽くすか 原発カカシ

  アブクマ田畑の ゲンゲン原発カカシ
    汚れた食べ物 おまえが運び
  老いた人なら 食べられように
    地元に尽くせよ 原発カカシ


  
 本歌 カカシ 

     山田の中の 一本足の案山子  天氣のよいのに 蓑笠着けて
       朝から晩まで ただ立ちどほし 歩けないのか〜〜
 


 関連ブログをクリック→

 次回の替え謡utaをクリック→ 「サムライ・カカシの悲歌エレジ〜」 
              
      白人の中の2本足の家畜、
          綿摘みゴム採り 線路の工事、〜〜〜